大阪 女性探偵社
安西宏美調査事務所
 

調査項目

 

調査料金

 

依頼方法

 

会社案内

 

HOME

 
  お問合わせ・無料見積
■電話相談
相談窓口電話番号です
■メール相談
メール相談 こちらから
 
 
各種鑑定調査(指紋・筆跡・声紋・DNA・印鑑・薬物・精液等)
 
●指紋鑑定
同一人物かを指紋から調べます 中傷の悪戯手紙・はがきなどに残された指紋の鑑定? 誰が触った物か残された指紋を鑑定します (鑑定する為には比べる指紋の付いている2点が必要です)

●筆跡鑑定
同一人物かを筆跡(手書き文字)から調べます 遺言状が本人が書いたものであるか? 手紙・はがきに書かれた文字はこの人と同じか?といった場合に鑑定することが多いです 
(鑑定する為には比べる書体の書いてある2点が必要です)


●声紋鑑定
同一人物かどうかを声(音声)から調べます 悪戯電話関係でかけてきた人と 対象人物が同じかを調べるケースが多いです (録音された 比べる2点のテープが必要です)

●DNA鑑定
親子鑑定に多く使われます 父親が誰か? 自分で間違えないか? 又逆の場合もあります 子供の両親が間違っていないか? それ以外のケースもお問い合わせください 
(採取キットを使って簡単に行えます)
 

●印鑑鑑定

実印であるかどうかの鑑定をする場合が多いです 契約書等に押されている印鑑が間違いない物かどうかを鑑定します 印鑑も筆跡とほぼ同じ調べ方をします
(比べる印鑑2点若しくは それが押されている紙が2点いります)

●薬物検査
麻薬・覚せい剤・幻覚剤・その他薬物が 今現在 体内に残留しているかを 調べることができます

●精液検査
下着や車のシートに付いているものが 精液であるかどうかを調べます この試薬は精液にだけ反応して そうであれば青くなります ご自分で調べられる 試験薬(スプレー式)のキットです

※鑑定調査には 検査レベルと法的レベルとの2種類があります 検査レベルと法的レベルの違いは裁判証拠として つかえるかどうかの違いです 鑑定には基本的にくらべるも(2点)のが必要です 比べる物によっては 鑑定できない場合もあります 指紋であれば指紋採取が現物から出来ない 声紋であれば 録音状況が悪すぎるなど・・・
詳しくはお問い合わせください


※わからないこと等ありましたら お気軽にお電話でお問い合わせください
 
Copyrightc 2000 Anzai Hiromi All Rights Reserved