大阪 女性探偵社
安西宏美調査事務所
 

調査項目

 

調査料金

 

依頼方法

 

会社案内

 

HOME

 
  お問合わせ・無料見積
■電話相談
相談窓口電話番号です
■メール相談
メール相談 こちらから
 
 
盗聴発見調査・盗撮発見調査・電子機器調査
 
盗聴発見調査・盗撮発見調査
盗聴器・盗撮カメラなど 専門店へ行けば 誰にでも手に入れることが出来ます 又 少しの知識で取り付けなども出来ます その為最近では 引っ越したマンションに盗聴器が付きっぱなしになっており 知らずに入る人も増えてきています
 盗聴と盗撮は基本的に

・盗聴器・盗撮器(無線カメラ)の性能

○現実盗聴・盗撮に使う機器とは 無線(電波)で音声を飛ばし 近くで受信しています  

○電波は 弱く 機器の性能にもよりますが 100m〜300mぐらいの到達距離です ですからその範囲内で受信しています 

○受信には専用の受信機 若しくは広帯域受信機などが使われています 又無人で録音しておける受信機もあります 

○機器の電源は付ける場所の電源(AC電源・乾電池)を使うタイプとバッテリー(電池)のタイプがあります ACタイプの物は壊れるまで電波を飛ばし続けています バッテリータイプはバッテリーがなくなればただの箱です

○最新式のタイプで携帯電話を改造した物があります これなどは日本全国何処に居ても 仕掛けた場所のモニターをすることが出来ます 又海外へ持ち出しても使えるタイプであれば 海外に居ても聞けます

・盗聴器・盗撮器の仕掛けられやすい場所
ソファーなどの隙間 机の下側 ACコンセント内 延長コード
ぬいぐるみ内 時計内部 電話延長モジュラー 電池製品内
電話モジュラー内 マウス(PC) 三叉・二又コンセント 電気製品内
自宅・事務所が非常に多いです 仕掛ける側も 目的をもってしています しかし趣味でラブホテルなどへ客として入り機器を取り付けて出てきて後で聞く人もいます そう考えると怖いですね 何処についているかわからないですから
 でも盗聴・盗撮は殆どの場合 無線式を使っています この無線(電波)が出ているかどうかで 機器を発見することが出来ます


もしかして・・・ 念のため・・・ 少しでも不安に思ったら一度ご相談ください 
機器の発見から自己防御までアドバイス・お手伝いしております


電子機器調査
専用電子機器を使用して 各種分析・検査・数値測定等を行います


電磁波測定
・高周波測定
・低周波測定
・違法電波測定
・騒音測定
・空気汚染測定
・成分検査
・その他


※わからないこと等ありましたら お気軽にお電話でお問い合わせください

 
Copyrightc 2000 Anzai Hiromi All Rights Reserved